自分を肯定する。

自分に厳しい人は、自分の立ち居振る舞いについて回想して柔軟に直す癖があります。しかし、相手の癖も見抜けてしまうので、目につく鼻につく行為だと相手を受け入れられない自分を罰してしまいます。
でも、自分を大切に扱う視点で考えると、いつも他人優先で生きているのにそれでも褒めてもらえずに鞭を振るわれているわけです。
どうか、自分を愛し認めてあげる気持ちを忘れずに過ごしてください。

もう、だいじょうぶ。

周りに気を遣い過ぎな人や敏感体質でもう少し生きやすくなりたい人に向けて、自身の経験を通して心と体の両面からアプローチしていくカウンセリングメニューを紹介しています。

0コメント

  • 1000 / 1000